病院のタイミング

ひきつけ、けいれんを起こしたら病院へ行くこと。

解熱剤の飲み薬・座薬を使います。(通常38〜38.5℃以上の時に6〜8時間以上あけて1日2回までが目安です。熱が高くても、元気が良かったり、スヤスヤと気持ち良く眠っている時には解熱剤を使わずに様子をみていてもかまいません。)

冷やす

頭、わきの下を冷やしてみます。(お子さまがいやがる時には無理に冷やす必要はありません。)

浣腸

浣腸(かんちょう)をする必要はありません。

着替え

汗が出たらシーツや下着をこまめに取り替えてあげましょう。

室温

厚着をしたり、体を毛布でつつんだり、室温を上げ過ぎたりしないで下さい。(熱の放散をさまたげて熱が下がりにくくなります。)

水分

脱水の予防のため、水分を充分に与えてください。(スポーツドリンクなども○)

その他の症状

熱意外の症状(機嫌、食欲、せき、下痢、皮膚の発疹など)にも注意しましょう。

高熱

40℃以下の発熱では、熱が高いというだけで脳障害を起こすことはまずありません。発熱の原因疾患が問題なのです。(脳炎・脳症などでは心配)

発熱の影響

発熱は体にとって悪いことだけではありません。
 良い影響→免疫の働きを高め、ウィルスなどに対する生体の防衛作用が強くなります。
 悪い影響→不眠。食欲低下、体力消耗、熱性けいれんなどを起こします。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。